So-net無料ブログ作成

好景気ほど「危ない転職」 [仕事]

 5月28日月曜日発売

今日発売の 読売ウイークリーの第二特集で

ネット時代には落とし穴がいっぱい

好景気ほど「危ない転職」

最低額しかもらえない給料、撒き餌に使われる有名企業の名前…転職サイトで多くのトラブル発生
と言う 記事が出てる
まだ記事をよく読んでいないが どうも
大手求人を餌に ベンチャーや ??企業が紹介される
マル秘求人の実態 おとり求人
などが出ているらしい
 
今回の好景気は バブルを髣髴とさせるものがあるのは確かだが
それは 新卒採用に限って と言える
勿論 キャリア採用市場も 活況なのは確かだが 流石に企業もばかじゃないから 前回にこりて
「手足」採用には 至っていない=入りやすくなってはいない
 
特に大手にいる人材は失敗確率が高い
中小は 驚くほどいい加減で フレキシブルでルールがないに等しい 経営者の公私混同は普通だし 何よりもいる人材の質が低い 学生は基本的には大手から優秀な人材をさらって行く 中小にはこぼれた人材が入っているわけだ
 
本人の問題もある
特に初めての転職では 人材の質のギャップなどで失敗する人が多い
成功する人の共通点は いた会社で出向経験や プロジェクトリーダー経験があること
いわゆる 擬似転職 をしたことがあると強い
 
人材紹介の広告の 非公開求人と大手求人は ひっかけ
リクルート インテリ 以外のWEBや人材紹介の広告に出ている 非公開求人1万件 とか 知名度抜群企業求人のほとんどは おとり
非公開とは 求人サイトに出ていないだけで その企業のHPなんかには 出ている
何か 転職希望者の抜け駆け心をくすぐっている あわよくば と考えている転職者は エントリーすると パチンコ屋 や コミッション金融 ITベンチャーに押し込められる 業界では「追い込み」という 
冗談ではなく 転職せざるを得ない状況に追い込むわけだ
大手求人も あるにはあるが かなり採用基準は高い はっきり言って 大手はブランド大学を出て 転職回数が少なく SPIテストで高得点が取れなければ 面接にも進めない
賃貸不動産広告と同じ手口
 
人材紹介会社とは
所詮は企業から金をもらって 案件を右から左へ流して 手数料をもらっている
 「民間職安」なのだ
 
 


2007-05-29 18:05  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。